OTHER

1/4ページ

YOTTESOUROU BY SHIBA-RYOTARO

司馬遼太郎の酔って候を読んでの感想 だいぶ幕末に詳しくなってきたここ最近に読んだ作品。幕末期における外様大名をそれぜれフォーカスした短編集。 土佐藩 山内容堂 薩摩藩 島津久光 伊予吉田藩 伊達宗城 肥前藩 鍋島閑叟 大政奉還の立役者の山内容堂、大久保利通と西郷隆盛に躍らせれた、島津久光。黒船をノリで作った伊達宗城。富国強兵に早くから目をつけて洋式の武器を集めた鍋島閑叟。 それぞれが藩のため、日本 […]

TOBUGAGOTOKU BY SHIBARYOTARO

いやー長かった。 今まで読んだ司馬遼太郎の作品の中でも1番だった。 江戸時代が幕を降り、新しい明治という時代が始まったときの話を主に西郷隆盛を取り巻く情景で表現されている。 薩摩藩出身で共に戦った西郷隆盛と大久保利通。 お互いを信頼してるにもかかわらず立場が違うからこそ戦った西南戦争。 本人の意思とは関係なく進んでしまう時代。 自分の命を預けてしまい後は何も口出しせず大将として飾り物になる。 右腕 […]

YASUKUNI

  • 2015.11.17

戦後70周年ということもあり靖国神社参拝してきました。 人生というものは些細な選択の積み重ねでできているんだなとつくづく思います。何故このタイミングで靖国神社に行こうと思ったのかというと。 前日にたまたま両親が東京に出てきていて靖国神社に行ってきた話を聞いたことと、翌日に上野に行こうと思い立ち、帰り道で靖国神社の前を一度通り過ぎたが、父親の話が引っかかったため、一度ゆっくり見ておこうと思ったのがき […]

INSTANT-COFFEE

川原で飲む安くてまずいインスタントコーヒーがまた格別な理由。 、 、 、 8時 久しぶりに家からすぐの川原で朝食。 、 何も無い朝 、 何も無い自分1人と 、 まだ誰もいない橋の下 先週のレザーのワークショップに来てくれた2人も完成度高かったなー。ものづくりにはその人の性格がすごく反映されると思う。 、 、 最近すっかりコツを掴み出した燻製〔くるみのスモークウッド〕でマルエツで買ったあらびきポーク […]

DANCE DANCE DANCE BY HARUKI-MURAKAMI

村上春樹の長編小説、ダンスダンスダンスを読んでの感想 「羊をめぐる冒険」の鼠の死から4年、主人公はいるかホテルを再び訪れる。       そこから始まる無くしたもの探す物語。     手がかりはいるかホテルのみ。そこに行けば何かがわかり何かがつながる気がする。 いるかホテルは以前の名前を残したまま、近代的なホテルと様変わり。何故か名前は そのままに […]

JIBUN-NO-NAKANI-DOKU-WO-MOTE BY OKAMOTO TARO

岡本太郎の”自分の中に毒を持て”を読んでの感想 この本を読むきっかけとなったのは、ブログにも何度も登場している、“三軒茶屋の食事もできるBAR オドモ”さんにてお客さんのFさんより紹介されたからです。   Fさんは約10年前にこの本と出会い、とても感銘を受けたとのことで貸してもらいました。最近はもっぱら司馬遼太郎や東野圭吾ばかりだったので自 […]

MOEYO-KEN BY SHIBA-RYOUTARO

司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んでの感想 司馬遼太郎の長編小説、燃えよ剣を読み終えました。司馬遼太郎の作品は「坂の上の雲」、「竜馬がゆく」を以前読んだことがあっての今回の作品。自分が生まれる前、昭和39年に書き上げられたんですね。 300年続いた幕府が揺らぎ、まさに乱世に突入していく渦中に登場した新選組。それを立ち上げた近藤勇、辻方歳三、沖田総司。その中でも生涯「戦」の中に生きた土方歳三に焦点をあて […]

macbook Air MagSafe 2

macbook Airのアダプタが壊れたのでAmazonで買ってみた http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00H4SZVK0?ref_=cfb_at_prodpg Apple 60W MagSafe 2 互換 電源アダプタ(13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル用) 純正が半端なく高いので社外品で探してみてAmazonのレビューを確認し […]

BYE-BYE, BALCKBIRD BY ISAKA-KOTORO

伊坂幸太郎の小説「バイバイ、ブラックバード」を読んでの感想   立て続けに伊坂幸太郎を読みふけってしまった。今回の話は主人公の星野ちゃんこと「星野一彦」が借金やらよくわからないが失敗をしてしまい<あのバス>に乗せられどこか連れて行かれる前に、付き合っていた彼女に別れを告げる物語。       しかも5人。     それぞれの彼女と運命的な […]

1 4