SHOVEL SPORTS XLH1000

SHOVEL SPORTS XLH1000

ショベルスポーツ-i

ハーレーダヴィットソン ショベルスポーツ(アイアン)を購入までを記録します。

自分はハーレー3台目でなおかつ10年ぶり。

車体を購入してから7ヶ月の整備期間を経て2017/10/7に納車となりました。

前回のHONDAのXLR250Rが廃車になったのがゴールデンウィーク。
バイクに乗れない期間約半年と長かった。

すっかり季節が秋になり、バイクにはベストシーズン到来です。

さて、ひたすら待っている間に見た動画や年式ごとの違いを自分なりにまとめて見たいと思います。
因みに自分はプラグ交換ぐらいしか自分でできないメカ素人です。
色々不安はありますが思い切って購入しました!
アイアンについて勉強するつもりはありますので自分の経験を追記していきたいと思います。

 

アイアンヘッドとは?

ショベルスポーツ14

スポーツスターの中でもショベルヘッドのものをアイアンと通称呼ぶようです。
ショベルヘッドでもビックツインはスポーツスターよりも早くヘッドがアルミに変更されているらしく、80年代の前半までシリンダーからヘッドから鉄で出来ているバイクは無いそうで、化石みたいなもんだとどこかのサイトで書いてました。

 

排気量について

アイアンには900と1000ccがあり70年前半までは900、それ以降が1000となります。
両方に乗ったことがある人曰く、900は1000に比べマイルドな乗り心地だとか。

見た目でいうと、ヘッドの形が違います。上部分が凹んでるのが1000です。

900

ショベルスポーツ-head900

1000

ショベルスポーツ05

タンクのデザイン

タンクのデザインは年式によって様々。最近人気があるのはAMF時代のレインボーカラーと呼ばれるもの。
一番有名なのが75年式でしょうか。

71年式

1971xlh-1

1971xlh-3

1971xlh-4

1971xlh-5

はっきりはわかりませんが亀の子タンクと呼ばれるものと同じ年式でもタンクのデザインは違うのかな。
またボートテールと呼ばれる変わったテールの形が見られるのもこの年式あたり。

 

72年式

72xlh-1

72xlh-2

72xlh-3
ちょっと地味目なデザインですが、黒だけがカラフルでいい感じでは無いかと。

 

73年式

72xlh-2

72xlh-3

73xlh-1

純正でこのデザインとはとってもイカしてる。
黒は特にグラデーションが綺麗。
黒・青・ゴールドっぽいカラーがあるみたいです。

 

74年式

74xlh-1

74xlh-2

74xlh-3

この辺から最近人気がありますね。
今っぽく無いレトロ感がいい。
このカラーリングはベースが黒・青・エンジしか見たことがない。

 

75年式

75xlh-1

75xlh-2

75xlh-3

75xlh-4

レインボーカラーの代名詞と言えば75年式ではないでしょうか。自分がアイアンを探す際には最初はこの年式で探してました。
ベースカラーは黒・紺・ゴールド・エンジが見た頃があります。

個人的にはこの年式のゴールドが一番好きです。

因みにですが、この年式から現行と同じ左チェンジになっています。
 

76年式

76xlh-1

76xlh-3

76xlh-4

76xlh-5

76xlh-5

20150130_1074461

images

76xlh-2-2

76xlh-2-1

76年式にはアニバーサリーモデルあり

76年も人気がありますよね。
確かにカッコいい。
オレンジが好き。

ベースカラーは、黒・青・オレンジ・赤・グレー?があるみたい

77年式

ショベルスポーツ52

自分が購入した77年式。
77と言えば名車ローライダーのデビュー年だったと思いますが、ノーマルはかなり意識しているのがわかります。

77XLH-1

77XLH-2

77XLH-3

77XLH-5

77XLH

購入したものはオリジナルペイントではないのでAMFのロゴが入っていない。
レインボーカラーに比べるとシンプルすぎて寂しい気がする。

せめてローライダーと同じ大文字で赤文字ならよかったなーなんて。

でもこれはこれで好きになってきました。

XLCHとは

XLCH1000

XLH1000と兄弟モデルでXLCH1000がありますが、CHはキックオンリーの男前モデルです。バッテリーが小さい分オイルタンクも小さい。

購入まで何度もみた動画

自分が乗ることを想像し何度も見た映像です。


自分が購入のきっかけとなった動画


いつか見に行きたい

購入価格について

ショベルスポーツ16

やはりこれから買おうとしている人が一番きになるのは費用面ではないでしょうか。

参考になるかはわかりませんが、車体価格75万(税込)。整備費が想定した金額より30万円で80万になってます。

輸入したものを購入し、知り合いのJoe’s motorcycleにて整備してもらいました。
やはり輸入したものの状態は素人には分かるわけがありませんが、恐らくバラバラだったものを純正っぽくしてとりあえずエンジンをかかるようにして売ったのはないかと。

配線も間違っていてだいぶ苦労されたのと。

自分が分かる範囲での交換パーツや整備内容は。
・ミッションオーバーホール
・チェーン交換
・タイヤ前後交換
・エンジンピトンリング交換
・電気配線引き直し
・コイル交換
・ジェネレーター交換
・リアショック交換
・シート交換
・バッテーリー新品
・クラッチ交換
・他

故障歴

ガバナー故障×2
ブッシュ打ち直し
ポイント修理
マフラー交換
プラグコード交換
タンクキャップ交換

◾︎ガバナー故障

走行時にエンストし、セルは回るがエンジンがかからない状態
ガバナー交換直ったように感じられる

高回転時にバックファイアが止まらない。
プラグ交換で一時的に直ったように感じられる。
アイドリング時にバックファイアが止まらない
ガバナー交換で一時的に直る

原因
シャフトの軸がグズっていて高回転時にポイントカバーの内側に干渉してしまいガバナーが壊れる。
カムカバを開け、ブッシュを打ち替えで修理。

そのあとまた不調になる。

シャフトの軸がグズっていた事によるダイナの軸も削れてしまっていた

ポイントに変更しその後は順調かと思う。

夏場オーバーヒート

その後アイドリングが安定しなくなる。
暑さのせいでポイントが壊れたのかも。
因みに気温30度超えの中を1時間ほど走っただけです。
30度越えだと1時間ぐらい止めていても全然熱が取れない。

アイアンは夏に乗ってはいけないのは本当です。

スポーティガレージさんで「ポイント」、「プラグコード」、「タンクキャップ」交換で調子が良くなる
タンクキャップを交換したのは新品で使用していたキャップがどうも密閉度が高すぎてうまくガソリンが
落ちていかないみたいでした。
その時にマフラーをノーマルに交換してもらいました。

バッテリーショート

XLH1000

オイルタンクとバッテリーが干渉しショート
バッテリー破裂
症状としては若干の渋滞でノロノロ走っている時に急にバッテリーの端子から煙が出て破裂音。その後
うんともすんとも。
年内4度目ぐらいのレッカーです。

バッテリー交換ですぐ直りました。

2019/2/3 ウインカー破損

51556511_318733502320194_1804362316167400954_n
振動と経年劣化からかウインカーが破損+右前がつかない。
破損部分は接着剤でくっつけ、バルブを交換しても直らないので配線か何かなのかな。

2019/2/13追記
つかなかったウインカーのレンズとバルブを外しパーツクリーナで掃除したらつきました!
こうやって少しずつ愛着が湧いていくんだなと思った今日この頃です

最後に

ショベルスポーツ02

ショベルスポーツ03

ショベルスポーツ06

ショベルスポーツ32

ショベルスポーツ37

ショベルスポーツ39

ショベルスポーツ46

ショベルスポーツ47

ショベルスポーツ54

ショベルスポーツ58

当初はエボのスポーツ1200買おうかと思っていましたが、ショベルでよかったなと思います。
エボに比べるときを使わなければいけませんが、そこも含めて楽しいかと思います。

やっぱり見た目は大事です。

お金はかかりますが・・・