YOTTESOUROU BY SHIBA-RYOTARO

yottesourou-i

司馬遼太郎の酔って候を読んでの感想

だいぶ幕末に詳しくなってきたここ最近に読んだ作品。幕末期における外様大名をそれぜれフォーカスした短編集。

  • 土佐藩 山内容堂
  • 薩摩藩 島津久光
  • 伊予吉田藩 伊達宗城
  • 肥前藩 鍋島閑叟

大政奉還の立役者の山内容堂、大久保利通と西郷隆盛に躍らせれた、島津久光。黒船をノリで作った伊達宗城。富国強兵に早くから目をつけて洋式の武器を集めた鍋島閑叟。

それぞれが藩のため、日本のためにと奔走した動乱期の出来事は大変興味深く、漠然と覚えてた生麦事件は島津久光の行列を横切ったんだと初めて認識しました。

そう考えると下地を作った小学校の教育は無駄ではなかったのかと。

Leave a Reply

CAPTCHA