PARADOX-13 HIGASHINO-KEIGO

paradox13

東野圭吾パラドックス13のを読み終えました。

あらすじ

時空のゆがみによって突如現れた異空間に入ってしまった13人の人間。そこは宇宙が知性を飲みこもうとし天変地異が目まぐるしく起こる過酷な世界。

13人以外誰もいないその絶望的な世界でもそれでも希望を捨てずに皆を励まし生き抜こうとするエリート警察官の兄。

「天は自らを助ける者を助ける」

絶望的譲許で繰り広げられる人間ドラマ。はたしてこの状況で自分は何を善と悪とし生きるのか。
もといた世界に戻ることはできるのか?

終始はらはらドキドキさせられる物語です。

感想

久しぶりの長編小説だったので活字に飢えていたのかあっという間に読み終えました。最初は総理官邸で官僚たちの重苦しいシーンから始まり、宇宙がどうとか時空がどうとか、数学的にいうとどうだとか状態が飲み込めないところから始まります。

その後シーンが切り替わり警察官が犯人確保の瞬間に。何故か上司からは13時13分13秒からの20秒は危険な目には合わないようにと謎の指令。

その後異空間に入ってしまう。

東京の街がどんどん崩壊していく様子が克明に描かれ、崩壊した銀座の街が脳裏に浮かび、もしこんなことが実際起きたら自分はどこまで耐えれるのか。どれだけ周りの人のことを考えて行動できるのか。様々な状況をシュミレーションするいい機会になりました。

最後に

東野圭吾の作品は「容疑者Xの献身」で衝撃を受けてから目につくものを読んできました。これからも面白いサスペンスを読ませていただけると期待してます。
ありがとうございます。

Leave a Reply

CAPTCHA