YOTTESOUROU BY SHIBA-RYOTARO

司馬遼太郎の酔って候を読んでの感想 だいぶ幕末に詳しくなってきたここ最近に読んだ作品。幕末期における外様大名をそれぜれフォーカスした短編集。 土佐藩 山内容堂 薩摩藩 島津久光 伊予吉田藩 伊達宗城 肥前藩 鍋島閑叟 大 … Read More

TOBUGAGOTOKU BY SHIBARYOTARO

いやー長かった。 今まで読んだ司馬遼太郎の作品の中でも1番だった。 江戸時代が幕を降り、新しい明治という時代が始まったときの話を主に西郷隆盛を取り巻く情景で表現されている。 薩摩藩出身で共に戦った西郷隆盛と大久保利通。 … Read More

MOEYO-KEN BY SHIBA-RYOUTARO

司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んでの感想 司馬遼太郎の長編小説、燃えよ剣を読み終えました。司馬遼太郎の作品は「坂の上の雲」、「竜馬がゆく」を以前読んだことがあっての今回の作品。自分が生まれる前、昭和39年に書き上げられたん … Read More

BYE-BYE, BALCKBIRD BY ISAKA-KOTORO

伊坂幸太郎の小説「バイバイ、ブラックバード」を読んでの感想   立て続けに伊坂幸太郎を読みふけってしまった。今回の話は主人公の星野ちゃんこと「星野一彦」が借金やらよくわからないが失敗をしてしまい<あのバス>に乗 … Read More

SABAKU BY ISAKA-KOUTARO

伊坂幸太郎の長編小説「砂漠を」読んで 舞台は仙台、物語は主人公である北沢が大学に入学するところから始まり卒業までの話。 そこで出会う友達 ブルジョワでとさか頭の鳥井 小太りで理屈っぽい堅物の西嶋 超能力は使える 南 学校 … Read More

CHILDREN BY ISAKA-KOUTARO

伊坂幸太郎のチルドレンを読んで 短編のような長編小説と作者が言っている通り、短編集かと思いきや出てくる人物は共通していて、時代がセクションごとに変わり、前のセクションとのつながりが少しずつ感じられる話。 主人公はよくしゃ … Read More

HITSUJIWOMEGURU-BOUKEN BY HARUKI-MURAKAMI

羊をめぐる冒険を読んで 自分の生まれた年に出版された村上春樹の3作目の長編小説。 既に読んだような読んでないような気がして手に取りました。久々の村上春樹ワールドに触れました。   一人の広告代理店を共同経営する … Read More

1 2