CAMP AT MANADSURU SEASIDE 20160416-17

manaduru-i

神奈川県にある真鶴シーサイドキャンプ場にバイクでソロキャンプに行ってきました。

4月16日

6:00 起床

manaduru03
8時ぐらいに出れればいいなーなんて思いながらおもむろにベットから右足を出し、フローリングの冷たさにハッとさせられる。

手慣れた作業となったが忘れ物が無いかのチェックは怠らない。
キャンプ場に着いてから気づく”アレ忘れたー”は、なかなか辛いモノがある。

長野の内山牧場キャンプ場に行ったときなんて灯りを忘れて暗くなったらなんもできなかったからな。

箸を忘れた時なんか悲しい。

ソロバイクキャンプグッズのまとめはこちら

 

7:15 出発

manaduru04
天気は曇り、ロンTにTシャツを重ね、その上にパタゴニアのシェルを重ねただけだと寒い!

寒くて着るものが無い状況で走るのはつらい。走り出して5分でウルトラライトダウンを着ることに。
あとはGORE-TEXのカッパしか着るものが無い。やっぱりネルシャツ着てくるべきだった。

けど昼間になれば暖かくなるだろうから我慢することに。

まあ何とかなるさ。

 

8:15 厚木で休憩

manaduru06
ひたすら246を西に。町田あたりまではたまに行くので新鮮さは感じませんでしたが、そこから先は未知。大体想像していた通りの風景が広がる。

道も空いていて1時間ほどで厚木に到着。一度も来たことが無いのでとりあえず駅前に行ってみる。

特になにをするわけではないが、駅前のローソンで総菜パンとポケットティッシュを購入。思った以上にパンが美味しくなくてびっくり。例えるなら15年前ぐらい前のコンビニのパンの味。

選んだ種類が悪かったのかも。

厚木からは”厚木小田原道路”なるものがあり、有料道路なのですが、側道が伊勢原あたりまでずっとあるのでのんびり側道を走る。
側道の終点からは国道1号にのり、海沿いをただただよだれ垂らしながら何も考えず走れば真鶴まで行けます。
真鶴駅が右手に見えたところで左折しあとは道なりで。

 

11:30 真鶴シーサイドキャンプ場到着

manaduru33
ほぼ予定通りの時間に到着。入り口が小さいのでうっかりすると貝殻博物館まで行ってしまいます。
手作り感満載の階段を下りていくと周りから完全に近いほど遮断された空間が広がる。

真鶴シーサイドキャンプ場の設備状況はこちら

 
manaduru08

manaduru09

manaduru10

おじさんが二人で運営するこのキャンプ場はほとんが手作り。めちゃくちゃカッコええ。

荷物は運んで欲しいことを伝えると快く運んでくれます。ちなみに荷物以外に自分も運んでくれます。

manaduru11
こんな海の目の前でテントを張れるなんてなんて最高なんだと。
これが東京都内から約100kmで味わえるとはなかなかこんなロケーションはないと思います。

12:45 買い物

manaduru24
とりあえずテント設営し、食材の買い出しに。

店主のに話を聞くと真鶴駅から少し行ったところに大きなスーパーがあると教えてくれた。
スーパーに行く途中にはラーメン屋や干物の定食屋など沢山ありますよ。
買い出しもそこそこにキャンプ場に戻ります。

13:30 キャンプ場に戻りのんびり

manaduru17

昼食

manaduru44
やはりカップヌードルがアウトドアにはよく似合う。
エビスビールで一人乾杯。

これがたまらなく美味い!

昼食の後はすることがない。

今回は途中で本でも買おうと思って出てきましたが良さげな本屋にめぐり合うこともなく来てしまったので本当に何もない。
ノートとペンぐらいです。

キャンプ場をいろいろ案内してもらうことに。
manaduru12
manaduru21

manaduru22

manaduru23
もともとはイベントスペースだったものにキャンプ場を併設したとのことで、爆音で音楽がかけれる。のんびり静かに過ごしたい場合だとちょっと難点かなと。

予約の時にイベントなどやってないか確認した方がいいですね。
逆にイベントをしたい方は人数に応じてフレキシブルに対応してくれるので少人数でも楽しめると思います。

manaduru13
今回新調したマットのサーマレスト。これの使い心地を確かめたいのもありのソロキャンプ。
今まで使っていた銀マットとは比べものにならないくらいの快適さです。持ち運びもコンパクトにたためるのでそこもよし。

manaduru15

manaduru25
カップル用と思われるコテージ。
本当に海のまん前です。一度泊まってみたい。

manaduru27

manaduru28
トイレはまさかのウォッシュレット完備。
最高です。

散歩

manaduru49
キャンプ場の周りを散歩。もうこれぐらいしかすることが無いしね。

manaduru29

manaduru31

manaduru32

manaduru37

manaduru41

manaduru42

manaduru43

manaduru46

manaduru47

manaduru48

manaduru50

manaduru51

manaduru52

manaduru55

manaduru57

manaduru58

manaduru59

manaduru60

manaduru61

manaduru63

manaduru64

manaduru65

manaduru69

manaduru73

manaduru75

manaduru76

manaduru77

manaduru79

manaduru80

manaduru82

manaduru86

manaduru92

22:00 就寝

manaduru84
鼻づまりがひどく苦しいですが気が付いたらサーマレストの上で寝てました。
音楽を大音量で流していたグループも22:00には比較的静かにしてくれました。

4月17日

manaduru101

6:00 起床

manaduru95
予報では雨が降ると言ってましたがまだそんな気配は感じない。よかったよかった。せめてテントたたむまでは雨は勘弁してほしい。
manaduru94

6:30 朝食

manaduru97
朝食は食パンに昨日燻製しておいたベーコンに、ちぎったレタスとスライスした玉ねぎにマスタード。
めちゃくちゃうんめー!

キャンプ場で食べる朝飯の美味しさは本当に驚くほどだ。
インスタントのコーヒーを入れてゆっくり時間をかけて朝食を食べる。

目の前は海

最高です。

7:00 散歩

manaduru98
店主たちが出勤してくるまで再び散歩。

朝はまた気持ち良い。

manaduru99

manaduru100

manaduru102

manaduru103

manaduru104

manaduru105

待ちきれず自分で荷物を運び終わったところで店主二人が出勤。
別れの挨拶。

非常に親切にしてくれてありがとうございます。

9:00 出発

manaduru108

manaduru109

manaduru112

manaduru114

出発しようとしたらポツポツと降ってきやがった。
まあ出発までもってくれただけでラッキー。
manaduru115

manaduru116

雨と風がだんだんと強くなりのんびり帰るのも億劫な状態に。

伊勢原あたりで小田原厚木道路に乗ってしまった。

が、

ものすごく風が強くめちゃくちゃ煽られるし雨はどんどん強くなるし。なかなかヘビーな状況に。

が、

近かったのがせめてもの救い。かじかむ手でETCカードを係りの人に渡し東名を降りる。東京ICから家まですぐなのも良かった。

12:00 帰宅

manaduru117

manaduru118

manaduru120

カッパもブーツもびしょ濡れになりながらも無事帰宅。

寒かったけど楽しい旅でした。

最後に

今回初めて利用させていただいた”真鶴シーサイドキャンプ場”でしたが、アクセスも良くキャンプ場全体の雰囲気も最高、買い物も便利。

そして店主の方々の人柄がにじみ出たキャンプ場でした。

次回は仲間と一緒に参加したいと思います。

 

真鶴シーサイドキャンプ場の設備状況はこちら

Leave a Reply

CAPTCHA