CAMP AT KAWASEMI-KAWARA 20150501-02

かわせみ河原アイキャッチ2

かわせみ河原キャンプ場

5/1~5/2にかけて埼玉にある「かわせみの川原キャンプ場」にソロキャンプに行ってきました。

ゴールデンウイーク中ですが平日ということもあり、数えるほどキャンプ客しかいなく、広々とスペースを使うことができ、快適に過ごすことができました。

関越自動車道の花園ICを出て10分もしないで到着するのも魅力ですね。花園ICを降りて深谷方面に行くと荒川があり橋を渡って左に行くと1~2分で着きます。入場料は車、バイクに関わらず一組300円。駐車場に入る際に支払いです。

地面は砂利ですがかなり緩いので、車高が低い車だと轍にはまってしまう可能性があるので要注意です。逆にオフロードな車やバイクだと性能を発揮できて楽しいですね。当方はHONDAのXLR250でしたが、中洲までも簡単に行くことができるので思う存分タイヤを滑らせることができます。

ただし、今の時期はまだかろうじて昼間は大丈夫ですが、日を遮るものが皆無なのでタープがあったほうがよろしいかなと。

川の流れがすごく緩やかなせいだと思われますが、砂利に水がしみた状態のところが多々あり、ボウフラが非常に多いので虫除け対策は必須かなと。

あたりには民家などもないため夜は静かです。

設備状況

・ 水道がトイレの横に2つ

・トイレ自体は立て替えたばかりと思われ便器は比較的綺麗です

(男:小4、大1)(女性:不明)

洗面台には鏡もあり

・ジュース自動販売機あり 計4台

・直火禁止

・花火禁止

・スーパーは車でしたら10分ほどでペイジアがあります。

・セブンイレブンなら歩いてもいけなくはない距離にあります。(徒歩10分ぐらい)

都内からのアクセスもいいのでまた利用させていただこうと思います。

mizuba wc kawasemikawara40 kawasemikawara41

5/1 

13:00

仕事を午前中で切り上げ速攻家に帰りXLR250に荷物を積み込む。タイダウンでケースを縛り、そこにテントとリュックをネットでくくりつけ。

kawasemikawara2 kawasemikawara1

ソロバイクキャンプグッズのまとめはこちら

13:48

家を出発!!!

ヘルメットをかぶった瞬間にバブルシールドのせいでこもった匂いが、ハーレーダビットソンFXR1340で青森まで往復した時の記憶がフラッシュバック。匂いというものは一番記憶と密接に結びついてるらしい。

その時関わりのあった人たちは今頃何をしているのだろうか一瞬だけ思いを馳せる。

目的地は埼玉県寄居町「かわせみ河原キャンプ場へ」初めての行くので楽しみです。環八を上がり練馬から関越道へ。なんか最近やたらとVENZのSLが増えている気がする。その前はポルシェ・マセラティ・アストンマーチン・ベントレーがゴロゴロ走ってます。この前は三田のあたりでテスラモーターズが走ってましたね。さすが東京。

普通のサラリーマンでは到底手が届かない。何か別の方法を手に入れるしかありませんね。複業の時代です。

道路は平日ということもあり比較的すいているのかな。

kawasemikawara3

順調に高速に入るがTシャツのままのことに気づきちょっと危ないかなと思うがまだ5月だというのに26度は越えている。けど風が気持ちいいなー。高速に乗るのは去年石巻まで2泊3日で行った時以来。あの時は帰りひどい土砂降りにあったかな。

懐かしい。

今回は予報でも雨マークが無いので安心です。

14:44

kawasemikawara6 kawasemikawara5 kawasemikawara4

途中高坂SAで給油&休憩、ちょっと遅い昼食をとる。

忘れてしまったが埼玉の牛肉を使った焼肉丼!と普通のうどん!うどんは最近丸亀製麺ばっかりなので関東風のものが逆に新鮮でした。牛焼肉丼に関してはタレの味が玉ねぎにもしみていてまあまあかなー、でもチャーシュー麺の方が良かったと思う。

駐車場の隣にはBMWの1100RS。自分のバイクの排気量4倍以上です。

そんなこんなで出発。花園ICを目指します。

順調に左車線を90kmで順行、ただただ何も考えずアクセルを手前にひねる。その手がすごく痺れくるんですが離すわけにはいかない。

やはり高速道路を走る時は大型バイクが欲しくなる。

ハーレーダビットソン1982 FXDL ショベルヘッドのノーマル車がとてもかっこいいんです。

16:00

花園ICを出てどっち方面に進もうか???

やはり逆を選んでました、iPhoneステーを買ってから初めての遠出、活躍してもらいます。googleMapでナビを開きスタート。かわせみ河原に一発で行くことができました!

kawasemikawara7 kawasemikawara8

やばいすげー便利だ。

テントを立てるのも久しぶり。うまくできるか心配でいたが案の定、全然うまくできません。

一回頭を整理して落ち着いてからやってみるとあら簡単。

段取りの大事さを知ります。

30分ぐらいでできたのかな?やっと寝床が完成です。

ここからがわくわく買い出し、今夜のメニューを考える。

ペイジアで青のエビスとステーキ肉、新玉ねぎ、その他おつまみやらなんやらで2000円強。以外と買ってしました。

保冷用の氷も無料でもらえるので買い出しはここで全て済むんではないでしょうか。

さーて戻ってゴールデンタイムの始まりですよー。早くエビス飲みてぇーわくわく

kawasemikawara917:34

日差しも西に傾き始め河原がオレンジ色に染まりつつある。

今日は明るいのに白い月がはっきりと見えますね。風情があります。

kawasemikawara12

晩御飯のメニューは?

・新玉ねぎのビーフコンソメスープ

・アメリカンビーフステーキ塩胡椒、赤ワイン焼き

・食パン6枚切り

あとは飲みながらただただぼーっとして過ごしたのでした。

何もしないということは逆に何がしたいのかが

それにしてもボウフラが非常に多い場所です。

kawasemikawara21 kawasemikawara23 kawasemikawara24 kawasemikawara25 kawasemikawara26 kawasemikawara27 kawasemikawara28 kawasemikawara29 kawasemikawara30

マスタードを塗ります。

◼︎因みにライトは

snow peak(スノーピーク) ソリッドステートランタン たねほおずき

普通のライトの他にほうずきの由来のゆらゆら光が揺れるような淡い光を放つモード。あと点滅があります。結構明るくこれ一個あればテント内はオッケーだと思います。

 

モンベル(mont-bell) クッカー アルパインクッカー 16+18パンセット

◼︎COOKINGの道具は

◼︎テーブルは
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト

◼︎バーナーは
ソト(SOTO) G’z G-ストーブSTG-10
を使用してます。この4点があればとりあえずの調理はほとんどまかなえるでしょう。どれもコンパクトにまとめることができるのでCampバイカーには重宝しますよ。

 

kawasemikawara31 kawasemikawara18

20:30

買ってきた飲み物もちょうど良い感じでなくなり早めの就寝とするのでした。

地面がゴツゴツして痛い。

5/2

5:00

日の出とともににもそもそとテントから抜け出す。

うんこがしたいから。

どんな時もやっぱりリズムが大事朝起きて水を飲む→内臓が動きだす→便意をもよおす。

自然なこと 人間も自然の一部。

気がついたらキャンピングカーやらSUV車やソロバイカーなり増えてましたね。やっぱり休日はそれなりに混むんだなと。

すっきりとしてモーニングコーヒーを入れ、まったりしながら朝ごはんの準備。

昨日買っておいたレトルトカレーとクラムチャウダーにパンを付けて食べる。

7:00

kawasemikawara33 kawasemikawara34 kawasemikawara35 kawasemikawara37 kawasemikawara38 kawasemikawara45 kawasemikawara46 kawasemikawara47 kawasemikawara48 kawasemikawara49 kawasemikawara50 kawasemikawara51 kawasemikawara52 kawasemikawara53 kawasemikawara54

川沿いにA-LITEのチェアとmont-bellのサーモマグを持って行くそこでしばし川を眺め思いを馳せる。かわせみ何かわかりませんが小さな鳥が目の前をピョンピョン通り過ぎるからこの鳥のことかもしれないな。


あーのんびりしたなー。そろそろ動き出したくてうずうず。

昼までいる予定が昼までに帰ろうかなと。片付けをそそくさと追われさそこでまたぼーっとする。9時に出発しよう!

いやー最高の休日でリフレッシュ!またやる気が出てきました。

かわせみ河原ありがとう~

また来ます。

kawasemikawara55

9:00

花園ICに乗ると、白バイ部隊に止められる。Tシャツのまま乗ったのがまずいらしくプロテクター付きのジャンパーを勧められる。最近事故で飛ばされて心臓破裂してしまった人がいるらしい。

おーこわい

安全運転で行こうっと。

下りは帰省やら行楽の車だらけで大渋滞

昨日仕事早退してよかったなーと優越感。東京まで大した距離もなかったので休憩なしでも行けますが嵐山(らんざん)でトイレ休憩。

もうiPhoneのバッテーリは3%

もう道にも迷うことはないから大丈夫だけど写真が撮れないのはちょっとなー。

最後のバッテーリーで嵐山プリンを激写です。

kawasemikawara56

11:30には家に着きましたよ。

まとめ

今回の旅は、休日をずらしたことにより高速道路もキャンプ場も空いていて、非常に時間を有効につかうことができました。月に一度は今回のように電気から離れて生活する日があってもいいかなと思います。

次回はご飯のメニューをもっと考えて調味料を充実させて行こうと思います。

普段PCのモニターを見て仕事してる人は自然に触れ合った方がインスピレーションもわき結果的にいい仕事をできるのではないでしょう。

またキャンプレポートしたいと思います。

kawasemikawara57 kawasemikawara58

バイクキャンプグッズまとめたページはこちら

miyagi-osaki-camp13
バイクキャンプグッズをまとめたページはこちら

 

 

その他のキャンプ場

今まで行ったキャンプ場はこちら↓

<神奈川県>真鶴シーサイドキャンプ場

<群馬県>宝台樹キャンプ場

<群馬県>わらび平森林公園キャンプ場

<静岡県>野田山緑地公園キャンプ場

<長野県>内山牧場キャンプ場

<東京都>清東園キャンプ場

<埼玉県>かわせみ河原キャンプ場

<長野県>蛇石キャンプ場

<富山県>二上山キャンプ場

<岐阜県>ひるがの高原キャンプ場

<三重県>鳥羽キャンプセンター

<福島県>せせらぎオートキャンプ場

<秋田県>石倉山公園キャンプ場

<宮城県>御崎野営場

<埼玉県>武甲温泉キャンプ場

<栃木県>宮原青少年野外活動広場

<千葉県>内浦山県民の森

<千葉県>オレンジ村オートキャンプ場

Leave a Reply

CAPTCHA